杭工事の施工手順

早い!簡単!杭工事の施工手順を紹介します

太陽光架台設置用の杭「S-EXPAND杭」は、「簡単に手早く設置できるようにして欲しい」という現場の声から生まれた製品です。先が鋭角にとがった形状なので、重機を用いずに人の手で打ち込むことができ、土に埋め込んだあとで先端近くが開いてしっかり固定される構造になっています。

スピーディーに簡単に設置できる「S-EXPAND杭」の施工の流れを紹介します。
※製品特長や施工の流れを動画でも紹介

施工の流れ

step1

杭打ち位置を確認

杭を打ち込む位置を確認するために、エアブレーカーで仮打ちをしていきます。

step2

セッティング

「S-EXPAND杭」を地面にセッティングします。水平器で垂直かどうかを確認して、ねじれは丁張に合わせていきます。

step3

杭を打ち込む

「S-EXPAND杭」が地面に対して垂直に立っているか再度確認し、エアブレーカーを使って打ち込みます。1本を打ち込むのにかかる時間はわずか2~5分です。

step4

杭の先端を広げる

打ち込んだ後に、エアーインパクトレンチで杭ネジを締めます。
抗ネジを締めることで杭先端部が開いて土にくいつきます。

step5

杭の先端部分にクラウドを注入する

杭先端の開いた部分にグラウト(セメントに似た素材)を注入して、杭の強度をあげます。

step6

完成

地質にもよりますが、2.3tの力で引き抜いてもびくともせずにしっかり固定されます。
従来の10倍の引き抜き抵抗力があるため、太陽光架台が強風で抜けてしまう事を防げます。
一部地域では無料で引張試験も対応しますのでお気軽にお問い合せください。

機能的で低コストな「S-EXPAND杭」の施工・販売をする代理店募集

「S-EXPAND杭」だけの販売もOK! 引張実験(無料)も行っています

施工対応エリア全国対応 無料強度試験対応!

S-EXPAND杭 コラム 施工最新情報・展示会情報

施工事例のご紹介

S-EXPAND杭とは

杭工事の施工手順

ご相談・資料請求はお気軽に0568-78-0505 営業時間:8:00~17:20/日祝・第2.4土曜日定休

無料見積り・強度試験の申し込み

施工代理店募集

会社案内

太陽光発電・ソーラーパネル付 ガレージ・カーポート・車庫

新築・リフォーム・エクステリア 株式会社三喜工務店 Official site